コンタクトレンズの危険性

視力が悪くて、子どものころから眼鏡をかけている人もいますが、中学校以降にもなると最近はほとんどがコンタクトレンズを使用しています。 コンタクトレンズなら視力が悪いことが分からないし、スポーツなどをするときに割れることもありません。

一日の使い捨てタイプもあるので清潔に使用することもできます。

しかし汚れた手やネイルアートを施した長い爪でコンタクトレンズを触ったり、目に挿入するとばい菌が入ったり目が傷つく危険性があります。 またコンタクトレンズを使用していて定期的に眼科検診に行っている人はいいのですが、インターネットの通販などで使い捨てのコンタクトレンズを購入している人は、目に痛みなどの症状が出ない限り、なかなか眼科に行く機会を持たないことが多いです。

すると目の傷や病気が悪化して痛みがひどくなって眼科に飛び込むということにもなりかねません。 それでは最悪の場合、失明する可能性もゼロではないのです。

それでも近視のためにもともとコンタクトレンズを使用している人は、使用の仕方も検診の大切さも理解している人が多いのですが、最近若い女性に流行りのカラーコンタクトは、おしゃれのために使用するので、近視でも近視でない人も使用します。

カラーコンタクトレンズも使用する前には、眼科に行って目の検査をしてもらい、使用することがができるか、どのように使用するのかなどの説明や注意点を聞くことが必要ですが、眼科にも行かずにいきなり通販などで購入した人は、手荒い扱い方をしやすく、目のトラブルが起きてしまうことも多々あるのです。

コンタクトレンズは近視の人にとってはとても便利だし、カラーコンタクトも目が大きくきれいに見えたりして女子力がアップするなどメリットもたくさんあるのですが、「きれいな手で扱う」「一日使い捨てのもの以外は毎日洗浄する」「長くとがった爪で触らない」などの注意点をすることと、できれば定期的に検査に行くなど、慎重に扱うことが大切です。

目には栄養たっぷりの涙があり、悪い菌も増えていく温床なのです。 それを目に入れ続けていると、菌はますます増え続け、目にとても悪い影響を与えます。

目はとても大切な器官です。 失明すると大変です。

しかし実際にコンタクトレンズによって失明するという事態が増えているのです。

正しく使用すれば便利でおしゃれなコンタクトレンズですが、一歩間違うと目にとんでもない悪影響を与えてしまうのです。 誰もがそのことを認識して正しく、清潔に扱うことが大切です。

更新情報・お知らせ

2014/06/19
ホームページ始めましたUP

お気に入りサイト

Nagoya 38 hotels for repeaters
Choose the best accommodation deal for your trip

食事療法には身体へ労りから
身体を労わることを考えたら食事の改善は必要