使い捨ては1回だけのはず

最近ではコンタクトレンズを使用する際、一日や一週間での使い捨てタイプを利用する人が増えてきました。毎日遅くに帰宅してからレンズを洗浄するという煩わしさから解放されますし、万が一落として紛失した場合もすぐに替えがあるというのは安心できます。特に旅行などで長期外出する時などは本当に便利です。しかし、良いことばかりではありません。通常の使い捨てではないコンタクトレンズは、一年間は使えるものです。それだけ品質が高く長持ちするということになります。その点、例えば一日で捨てるタイプは、言ってみれば一日しか使えない程度の品質であるということです。一日使用すれば汚れもつきます。洗浄液で洗った時に、通常タイプのものと使い捨てタイプのものが同じ状態を保っているとは考えられません。使い捨てタイプのコンタクトレンズは基本的に洗浄に対応するように作られていないのです。洗浄液で汚れがキレイに落ちていないと、雑菌がレンズに繁殖します。本来ならば洗浄後に煮沸消毒もしなければならないほどなのです。雑菌が繁殖してしまったレンズを再び装着しますと、とりあえず度数は差し支えがなく見えるでしょう。しかし目の表面の角膜は雑菌によって炎症が起こります。初めはゴロゴロとした違和感程度ですが、次第に赤く充血して涙や目やにが出てきます。これが角膜炎の症状です。これを放置すると重大な疾患となってしまいます。コンタクトレンズは医療器具です。ファッション感覚でカラーコンタクトなどをつける若い人も多いのですが、使い方を一歩間違えたら大変な危険をともなうということを忘れてはいけません。コンタクトレンズは毎日使うと高価なものですが、ケチケチして何度も使うと後から取り返しのつかない事態を招きかねません。使用方法をきちんと守り、安全で快適なコンタクトレンズライフを送りたいものです。自分の目は自分が大切に守るということを心掛けて使用することです。